ログイン

Menu

「第3回 全日本ダンス教育指導者 指導技術コンクール」 開催決定!

概要

1 趣 旨 ダンス指導者の指導方法、コミュニケーション能力、ダンス技術等を総合的に審査し、優秀な成績を収めた者を表彰する。
また指導者同士の交流や情報交換、互いの指導法を見て学ぶ場とすることで、ダンス指導者の資質・意欲向上と、更なるダンス教育の充実を図る。
2 後 援 文部科学省 / 厚生労働省 / スポーツ庁 / 読売新聞社 / 全日本私立幼稚園連合会
東京都教育委員会 / 日本健康予防医学会 / 一般財団法人USF 他 ≪予定≫
3 日時・会場

平成29年12月3日(日)13:00〜17:30
国立オリンピック記念青少年総合センター 大ホール
(〒151-0052東京都渋谷区代々木神薗町3番1号)

4 参加対象
  • JDAC研修会を受講し、ライセンスを保持している方
5 内 容
  • ダンスの基礎実技・指導スキルに関する審査や、観客を生徒に見立てたダンスの模擬授業・レッスンの実技審査
  • 審査以外に、有名ダンサーや高校ダンス部、キッズダンスなど様々なダンスパフォーマンスもご覧いただけます。
7 観覧料 観覧無料
※コンクール出場者にもお席をご用意しております。
8 表 彰

文部科学大臣賞以外にも多くの賞がございます。

  • <金賞> 文部科学大臣賞、トロフィー、協賛企業様よりの副賞
  • <銀賞> トロフィー、賞状、協賛企業様よりの副賞
  • <銅賞> トロフィー、賞状、協賛企業様よりの副賞
  • <JDAC賞> トロフィー、賞状、副賞
  • <審査委員特別賞> トロフィー、賞状、副賞
  • <決勝審査進出者(ファイナリスト)> メダル、副賞
  • <企業特別賞> 賞状、副賞
  • <奨励賞> 賞状、副賞
  • <敢闘賞> 賞状、副賞

その他様々な賞をご用意しております。

9 協賛(予定)

EH株式会社、アディダスジャパン、リーボックジャパン、株式会社クインテット、サントリー、日本旅行、株式会社メディアフラッグ、まつい亭、GLAB、株式会社プレミア・ケア、洋服の青山、アースホールディングス、家庭教師のトライ、森永乳業、スマートコーチ、ゴールドジム、メガネスーパー

決定次第随時追加いたします。

「第3回 全日本ダンス教育指導者 指導技術コンクール」

観覧申込みはこちらから(無料)

審査委員・ゲスト出演者 続々決定!

審査委員

坂見誠二

「ストリートダンス界のカリスマ」また、「ダンスの神様」と言われ、実力と経験、国内外におけるダンサーコネクションは日本屈指であり、日本に於けるダンス市場の仕組と土台を築いた人物といわれている。
門下生には芸能界で活躍する有名アーティスト錦織一清など多く信奉を集めている。

日本テレビ系ストリート番組『スーパーチャンプル』では審査員としてレギュラー出演。
その後、さらに自身の新しいスタイルを学ぶ為、ニューヨークに渡り本場のトップダンサーやオリジネーターと交流し、リアルタイムのアンダーグランドや最新のダンスを学ぶ。ニューヨークのダンサーで重要人物である「Brian "Footwork" Green」との出会いをきっかけに、自身のダンススタイルのルーツ全てを融合させた独自の「フュージョンダンス」を確立。逆にニューヨークトップダンサーたちに多大な影響をあたえ、アメリカのシーンにムーブメントを起こす。
類いまれな才能とダンスに対する探求心は、国内外の若手トップダンサー達の目標であり、また育成につながっている。
日本国内での活動は芸能界では「ジャニーズ」の振付師として、舞台『少年隊』のプレイゾーン・滝沢 秀明『滝沢革命』、アーティストでは『KAT-TUN』『赤西仁』『Kis-My-Ft2』等を手がける。
アンダーグランドでは全国のコンテスト、バトルなどの審査員やゲストショー、全国のダンススタジオにてWORKSHOPを精力的に行う。
海外では2010年、ドイツで行われた世界大会「FUNKIN' STYLEZ」で日本人初の審査員をする。
さらに世界のトップダンサー達とアメリカを拠点とするユニット「E.O.F」を結成。世界に新しいSTYLEを発信している。アンダーグラウンドとメジャーグランドの媒介者として、テレビという大衆メディアの中で、アンダーグランドのコアな全てのダンサーからも大きな支持を得ている。

ゲスト出演

Sound Cream Steppers
(サウンドクリームステッパーズ)

ストリートダンス創世記の80年代から活躍していたHORIE ・YUKI・GOTO からなるダンスチーム。
1993年にSound cream steppers結成。

ダンススタイルはオールドスクール・Hop Hop ・HOUSE等オールジャンル。
特に1930年代に派生した即興性の強いジャズスタイルBe- Bop において日本では第一人者である。
ビッグアーティストのツアー、PV参加、CMや映画の振り付けなど、その仕事の幅は広く、ストリートから東京ドームまでを踊りこなす。各方面の信頼も厚く、ダンス界のカリスマと呼ぶにふさわしい三人である。
又、海外のダンサーとの交流も深く、NYやLONDONのオリジナルダンサー達との共演も多い。
華麗かつエキサイティングなパフォーマンスで常にシーンをリードしてきたSoundcreamsteppers。
彼等の持つセンス、30年以上のキャリア、Jazz ミュージシャン顔負けのキャラクターは年令や性別に関わらず多くのファンに支持されている。

審査委員

GOTO(Sound Cream Steppers)

1980年代前半ストリートダンス創世記B★5クルーで活躍。
東京Bボーイズとともに当時のブレイクダンスブームの広告塔としてTVにも出演し注目を浴びる。東京Be-BopCrew、ジャングルを経てSAMらと共にMEGAMIXを結成し、TV、メディアで大活躍。後にTRFとなる。
HIPHOP, HOUSEなどオールジャンルをこなす数少ないダンサー。

1993年にSound Cream Steppersを結成。振り付け、ショーを多数重ね、日本にビバップを広めた第一人者。NewYorkのELITE FORCE、LondonのBROTHERS IN JAZZとの共演を実現し、独自のネットワークを持つ。
2001年ブラジル、2002年ジャマイカ、2004年キューバを旅し黒人文化を追求。浜崎あゆみコンサートツアーでは専属ダンサーとして同行、SMAP振り付け、CM出演など実績多数。2009年にはSound Cream Steppersとしてファーストアルバム「TAKE-ONE」をリリース。現在も独自のスタイルによるライブを様々なシーンで展開している。
2013年11月、Sound Cream Steppers20周年記念イベントをCLUB CHITTAで開催、同時に自主制作映画「FOOT STEP」を上映し大成功を収める。2014年にトヨタのCMに出演。TVからストリートシーンまで幅広いダンス活動を積極的におこない、年齢や性別を問わず幅広く支持され続けている。またダンス以外にもラップやコンガに才能を発揮するアーティストとして活躍中。BoppinJiveなどのイベントオーガナイザーとしても実力を発揮している。

ゲスト出演

Beat Buddy Boi

クリアなマイクパフォーマンスと独自のフロウで魅せるSHUNのラップとストリートダンスの世界大会で優勝経験をもつダンサー5人による世界レベルのダンスが融合した、日本のみならず世界中で活躍しているダンスボーカルグループ。
デビュー曲「come again」のMVでは超人気モデルの藤田ニコルと紗蘭が出演し話題を呼び、優れたミュージックビデオを審査する音楽賞「MTV VMAJ 2015」で「NEXT BREAK ARTIST賞」を受賞。

デビュー以来、全国の大型音楽フェスからファッションイベントなどにも次々と出演し続け、一昨年に引き続き昨年も「MTV VMAJ 2016」にて「B-BOIスクランブル」MVが最優秀振付賞である「Best Choreography」にJUSTIN BIEBERやFIFTH HARMONYなどと並びノミネートされ、着実に人気を獲得しつつ日本の音楽シーンを刺激し続けているダンスボーカルグループ。

審査委員

だーよし (TRIQSTAR)

「日本から世界を超え宇宙まで」をモットーに活動しているTRIQSTARのメンバー。
和✖アニメーション✖遊びのミックスした独自のパフォーマンスが評判を呼び海外のオーディション番組、『ASIA'S GOT TALENT』で、全アジア千を超えるパフォーマーの中から日本人で唯一Top 6と健闘。個人でもマドンナツアーの経験あり。

現在は、出演の他にも、振付、TV出演、CM出演、演出、作曲、構成、など枠に囚われずに活動中。
ダンススタイルは主に「アニメーションスタイル」と呼ばれ、スローモーション、ロボット、ウェーブやムーンウォーク等を駆使し、目の錯覚を起こす様な不思議な動きが特徴的である。最近、京都市公式の噂のCMに出演の『平成kizoku』とも、交流があるとも言われている。

ゲスト出演

GANMI

日本から全世界に”エンターテインメント”を発信すべく結成されたダンスクルー 。2016年にLos Angelsで行われた世界最高峰のダンスコンテスト「VIBE DANCE COMPETITION」にて、海外の強豪を抑え、日本チーム初優勝を果たし世界一の称号に輝く。
日本のエンターテインメントの代表的存在になるべく、世界を舞台に発信し続けている。

ゲスト出演

TOKYO GIRLS

2011年に誕生した日本トップのプロチアダンスチーム。『あなたを応援します!日本を応援します!』をスローガンに、NBAスタイルのパフォーマンスを基軸とし、華やかなエンターテイメントを提供し、日本代表選他、多数のスポーツイベントに参加。メンバーにはNFL、NBA合格者・ファイナリストなども多数。

ゲスト審査委員

栗原めぐみ

大阪芸術大学舞台芸術学科教授 一般社団法人ストリートダンス協会専務理事。
高校ダンス部の日本一を決める、日本高校ダンス部選手権ダンススタジアムでは、第1回より審査を務める。
2歳半よりクラシックバレエを始め、16歳でジャズダンスに出会い、その後ヒップホップも学ぶ。

19歳よりダンス指導を始め、これまでに多くの生徒を育成し、現在第一線で活躍するダンサーも多数。
関西を中心にステージ、TV イベントで活躍しつつダンスオペラ、宝塚歌劇団、ミュージカル、CMなどの振付師としても活躍。
エンターテインメント、アート、エデュケーションとダンスの可能性を幅広く追及する。

去年のパフォーマンスの様子

指導者コンクールのお知らせ

イベントのお知らせ

「第3回 全日本ダンス教育指導者 指導技術コンクール」

観覧申込みはこちらから(無料)