ログイン

Menu

応援メッセージ

JDACの目的、活動に賛同していただいた各界の皆様より応援メッセージをいただきました。

元文部科学大臣

馳 浩

衆議院議員
文部科学副大臣、文部科学大臣政務官
自民党 広報本部長(党七役)
2020年オリンピック・パラリンピック東京大会実施本部 本部長
教育再生実行本部 副本部長 など歴任

応援メッセージ

中学校の体育授業でダンス・武道が必修化されましたが、立派なダンス指導者がいてこそ、 生徒が楽しく学ぶ授業となります。JDACはダンス教育指導者の育成組織として第一人者になって頂きたいし、 私も文部科学省も大いに期待しているところであります。だからこそ文部科学省の後援がついているのです。 この後援の重みをなお一層ご理解頂き、貴会が天馬のごとく飛翔されますことを、 誰よりも祈願し、誰よりも応援することを誓って応援メッセージとさせて頂きます。


三重大学教育学部教授 博士(学術)

杉田 正明

1991年3月三重大学大学院修了、同年5月から東京大学教養学部助手、1996年4月から東京大学大学院総合文化研究科助手、1999年4月三重大学教育学部助教授を経て2011年4月から現職。
(公財)日本オリンピック委員会や(公財)日本陸上競技連盟の科学スタッフの一員として、オリンピックや世界選手権代表選手の強化支援に関わる医・科学サポー ト活動を行ってきており、国際競技力向上に関する支援活動に携わっている。
2010FIFA ワールドカップでは、40日間日本代表チームに帯同し、高地対策やコンディション管理を支援し、ロンドンオリンピック、モスクワ世界陸上では女子マラソン代表選手をはじめ多くの選手の科学的支援を行った。

応援メッセージ

ダンス文化の普及振興と学校教育カリキュラムにおけるダンス教育指導者の育成に 尽力されていますことに敬意を表します。

ぜひとも、ダンスが心身の発達や健康に与える効果等について、スポーツ医科学的 なエビデンスづくりを推進していただければと思います。

貴連盟の益々の発展を祈念いたします。


中山 泰秀

衆議院議員(当選4回)
外務副大臣
元外務大臣政務官
自由民主党安全保障調査会事務局長
自由民主党国防部会前会長
早稲田大学大学院卒業
追手門学院名誉理事

応援メッセージ

最近の日本国民へのダンスの波及は、目を見張るものがあります。

これもご関係皆様方のダンス文化の振興に努めてこられたごご尽力の賜物と敬意を表します。

これからも益々、貴連盟が、日本の文化・教育の一環を担う分野として青少年の健全育成に 大きく寄与されますことをお祈りし、 世界に羽ばたく若者が続々と輩出されますようご期待申し上げます。


井原 巧

参議院議員
経済産業兼内閣府兼復興大臣政務官
愛媛県議会議員(3期)
四国中央市長(3期)
全国青年市長会 会長
霧の森 株式会社やまびこ 代表取締役

応援メッセージ

文部科学省の学習指導要領において、中学校でダンスが必須化されました。

我が国の伝統文化を通しての教育の重要性は言うまでもありませんが、 同時に子ども達の関心の高い新しい文化を活用した教育の取組は実効性が高く重要となっています。

今では小学校や高校においてもダンスの授業が実施されており、 ダンス教育指導者の育成が我が国の教育において大変重要です。

連盟の皆様におかれましては、日頃よりダンスを通じて「表現し、生きる喜び」を地域活性化の原動力として届けて頂いていますことに敬意を表します。

今後益々重要となるダンス教育指導者の育成を通じて、今まで以上に子どもを元気に!

地域を元気に!して頂きますようお願い申し上げますとともに、私も顧問として微力ながら努力して参る所存です。


金子 恵美

衆議院議員(新潟4区選出)
総務大臣政務官
自由民主党 総務
自由民主党 女性局・青年局・ネットメディア局 次長
元新潟県議会議員
元新潟市議会議員
早稲田大学 第一文学部 卒業

応援メッセージ

日頃よりダンス文化の振興および指導者育成へご尽力いただき、 心より敬意を表します。

文部科学省の学習指導要領におきまして、中学校ではダンスが 必須となり、指導者の育成がより一層重要になっております。 全国各地で研修会やイベントを開催しているJDACは今後のダンス 教育には欠かすことのできない存在でございます。 ダンスを通して子どもたちが心身ともに健やかな日々を過ごせますよう、 JDACのさらなるご発展ご活躍を祈念しております。


大阪府大東市長

東坂 浩一

応援メッセージ

リズムに乗って汗を流し踊る楽しさ、 ダンスが完成した時の喜び、観る者と踊る子ども達が 一体となる深い感動をあたえてくれるダンスは、今や教育現場に定着してきました。

そのような中、指導者がダンスを楽しいと感じなければ、子ども達にもダンスの楽しさを伝えることはできないと考えます。

ぜひとも貴連盟の皆様には、今後も指導者育成のリーダー的存在としてご活躍されますことを心よりご期待いたします。


大東市教育委員会教育長

亀岡 治義

応援メッセージ

現在、新学習指導要領におきましてダンスが必修化され、定着してまいりました。

ダンスは、イメージをとらえた表現や踊りを通して仲間とのコミュニケーションを豊かにするとともに自己を表現したりすることの楽しさや喜びを味わう事が出来ます。

貴連盟主催の研修会には本市からも教職員が参加をさせていただき、大変有意義な内容であったとの報告を受けております。

今後も貴連盟の幅広いご活動と貴会員の皆様方のなお一層のご活躍を心より祈念いたします。