ログイン

Menu

ダンス療育指導士

ダンス療育指導士は、発達障がいなどをもつお子様などを対象に、ダンスを通じて、コミュニケーション能力や認知能力を育み、社会的自立に向けて支援・サポートをしていくプロフェッショナルです。

療育とは?

近年、「発達障がい」と呼ばれる障がいをもつお子様が急増しているといわれています。

発達障がいとは、自閉症、アスペルガー症候群、注意欠如・多動性障害(ADHD)、学習障害(LD)などの事を言いますが、いずれも脳機能の障害によるものです。増加の背景には、医学の進歩により発達障がいの診断基準が普及し、発達障がいの診断名がつきやすくなった事や、教育現場での理解が広がり、支援級や支援学校が増加した事などがあげられます。

療育とはこのようなお子様に対して、社会的自立に向けて支援していくことを言います。そこで、長年、子どもたちの発達障がいに取り組んできた専門機関と連携し、ダンス療育資格を発行しています。
ダンス療育指導士は、ダンスを通じて、コミュニケーション能力や認知能力、運動能力の面から社会生活を営むサポートをしていくプロフェッショナルです。

ダンス療育指導士のメリットは?

  • 福祉や特別支援の分野で活躍できる
  • ダンス療育インストラクターとして、デビューを保証
  • 子どもの発育に特化しているので、キッズダンススクールでも応用可能

資格の取得方法は?

ダンス療育指導士試験の詳細

認定スクールって? どんな内容をするの?

長年、子どもたちの発達障がいに取り組んできた専門機関『プレミア・ケア』が認定スクールを開校。スクールではダンス療育指導士になるために必要な知識・実技を学べる上に、実際にダンス療育の現場でアシスタントとしてサポート頂く実習もご用意しています。専門のトレーナーが適切な対応や声掛けについても細かく指導してくれるので、安心!

認定スクールについての詳細はこちら

認定スクールの開講スケジュール

スケジュールは下記からダウンロードの上ご確認下さい(PDFダウンロード)

スケジュールのダウンロード(PDF)