ログイン

Menu

ダンス療育指導士

ダンス療育指導士は、発達障がいなどをもつお子様などを対象に、ダンスを通じて、コミュニケーション能力や認知能力を育み、社会的自立に向けて支援・サポートをしていくプロフェッショナルです。

療育とは?

近年、「発達障がい」と呼ばれる障がいをもつお子様が急増しているといわれています。

発達障がいとは、自閉症、アスペルガー症候群、注意欠如・多動性障害(ADHD)、学習障害(LD)などの事を言いますが、いずれも脳機能の障害によるものです。増加の背景には、医学の進歩により発達障がいの診断基準が普及し、発達障がいの診断名がつきやすくなった事や、教育現場での理解が広がり、支援級や支援学校が増加した事などがあげられます。

療育とはこのようなお子様に対して、社会的自立に向けて支援していくことを言います。

ダンス療育指導士とは?

ダンス療育指導士とは、ダンスを通じて、コミュニケーション能力や認知能力、運動能力の面から社会生活を営むサポートをしていくプロフェッショナルです。
身体の感覚をフルに使い、音楽やリズムに合わせてイメージや感情を動員させながら身体を動かす運動療育を指導します。

運動療育では「姿勢保持」「平衡運動」「移動運動」などの粗大運動を鍛えていきますが、なかでもダンスは、イメージや感情が動員されることで「自己表現」や「コミュニケーション」としてのツールにもなります。仲間と一緒に振付を覚えたり、考えたり、発表したりすることで、達成感を味わったり、社会性を身につける事にもつながります。
アイソレーションは、身体の各部位をそれぞれ単独で動かすトレーニングで、感覚の統合が上手くいかない発達障害の子ども達にとって、体性感覚とよばれる、いわゆるボディイメージやボディコントロール力を身につけていく事ができ、日常動作が無駄なくスムーズになっていきます。

ダンスを通して子ども達の自主性を引き出し、楽しませながら社会的自立生活に向けて支援していくのがダンス療育指導士の役割です。

ダンス療育指導士の
活躍フィールド
  • 児童発達支援事業所や放課後等デイサービス、特別支援教育の分野で活躍できます
  • ダンス療育インストラクターとして、デビューも可能
  • 子どもの発育に特化しているため、キッズダンススクールでも応用可能
  • ダンスの指導の幅を広げたい方や、子どもの発達に興味のある方にもおすすめです

資格の取得方法は? 認定スクールって?

資格取得の方法

ダンス療育指導士養成講座「BasicⅠ」「BasicⅡ」「Advance」コースを受講

「ダンス療育指導士」試験に合格+ダンス教育指導士資格

試験についての詳細はこちら

認定スクール

長年、子どもたちの発達障がいに取り組んできた専門機関『プレミア・ケア』が認定スクールを開校。
スクールではダンス療育指導士になるために必要な知識・実技を学べる上に、
実際にダンス療育の現場でアシスタントとしてサポート頂く実習もご用意しています。
専門のトレーナーが適切な対応や声掛けについても細かく指導してくれるので、安心!

認定スクールについての詳細はこちら

ダンス療育指導士試験のご案内

試験概要

受験資格 受験資格 一般社団法人ダンス教育振興連盟JDACが認定する
ダンス教育指導士資格以上のライセンス保持者(18歳以上)
試験日および時間 スケジュールはこちら

※ダンス教育指導士資格未取得でも受験可能。
その場合は試験合格とダンス教育指導士資格取得が揃った時点での認定となります。

会場の都合により、定員になり次第締め切りとさせていただきます。ご了承ください。締切日以降は、キャンセル等で定員に空きがあった場合のみ受付させていただきます。お電話にてお問い合わせください。

試験のお申込みはこちらから

ダンス療育指導士試験Q&Aはこちら


試験の方法

試験の方法
  1. 1 試験は筆記試験及び実技・面接試験にて行います。
  2. 2 筆記試験と、実技・面接試験はそれぞれで採点します。

いずれか片方が合格、片方が不合格の場合は、合格した方の合格権利は2年間有効になるため次回は必要な試験のみ受験できます。

合格基準

次の要件をいずれも満たした者を合格とします。

  1. 1 筆記試験(2種)がそれぞれ100点中50点以上であり、かつ2種の合計得点が200点中120点以上である者。
  2. 2 実技・面接試験の得点が、100点中60点以上である者。

試験の科目・内容・参考文献等

筆記試験

※択一式、多肢選択式、記述式いずれかで出題されます
試験科目 内容・参考文献等
ダンス療育指導士の実務に関する基礎知識等
  • 児童福祉法 第1章 総則
  • 障害者基本法 第1章 総則
  • 発達障害者支援法 全文
  • 特別支援学校幼稚部学習指導要領 第1章 総則
  • 特別支援学校小学部・中学部学習指導要領 第1章 総則
ダンス療育指導士の療育に関する基礎知識等
  • 発達障害に関する基礎的な知識
  • 児童における発達心理学
  • 感覚統合に関する基礎知識
  • 神経伝達物質に関する基礎知識
  • 主な筋肉の名称とその作用
  • ※参考文献:ダンス療育指導士養成スクールにおいて配布したテキスト

実技

試験科目 内容・参考文献等
ダンス療育指導士に必要な療育に関する技能等
  • 療育における模擬ダンス指導
    事前に2×8の振付をご用意頂きます(使用曲など詳細についてはお申込みされた方にお伝えします)
  • ダンスの基礎的な指導(正しい姿勢、アイソレーション、リズムトレーニング、ステップ等)
  • 指導対象:発達障がいを持つ小学校3~6年生の児童
  • 参考文献:ダンス療育指導士養成スクールにおいて配布したテキスト

受験料、認定登録料及び更新について

受験料

5,400円(税込)

※お申し込み頂いた方には、「受付完了メール」をお送りいたします。
※お振込み頂いた受験料は、天災等の事由により試験を実施できない場合等以外は、返還致しませんので、ご了承下さい。

認定登録料(合格時のみ必要) 21,600円(税込)
(認定料、登録料、カード作成代金(写真つき)、郵送料、事務手数料含む)
更新料(3年後に必要) 12,960円(税込)
有効期限3年間のため、3年に1回更新時に必要となります。(月額360円相当)

当日の注意事項、持ち物について


当日のスケジュール(予定)

会場によって変更となる場合がありますので、受付時間などは受験票メールにてお知らせ致します。

9:30~9:50 受付開始
10:00~12:30 実技試験①グループ
13:10~14:10 筆記試験(合同)
14:30~17:00 実技試験②グループ
17:00 終了予定